top of page

ない話

5月23日(日)

F&A APARTMENTさんが

ひとときのウェルカムフラワーをメンテナンスしてくださいました。


いつもF&Aさんに会うと心が洗われます。


F&Aさんが

お二方のような素敵な方々に

うちのお花を飾っていただきみてもらえることに

心から誇りに思っています。と伝えてくれました。


本当に素敵です。


わからないけど

この町が好き!!

って思って

色んなものを置いたり捨てたりして、

ここに来た瞬間を思い出しました。



この町にはお花屋さんがありません。



パン屋さんもありません。


百均も無印も、高層ビルもないし、コンビニは町に一件。


「ない」というこの町で、

ほとんどコーヒーメインのメニューで

私が生きていけているのは周りの方々がいるからです。

普通ならその辺で野垂れ死ぬと思います。


おそらく周囲の人からは、

あいつどうやって生きてるんだと思われているでしょう。


のんびり生きてんなあと思われているのだとすればそうなんだと思います。

(私は焦ったりもするし、のんびり生きているつもりもないけど、考えが至らないところが多いので。)


「ない」


ことが悪いと思いません。


私は雑踏とか電車がひっきりなしに聞こえてくる環境での

暮らしはあまり好きじゃないし、

百均も便利でありがたいけど多分この先、

業態は変化していくと思います。


あること、多いこと、大きいことが

いいと思わない、というわけではなく、


なぜそうなのか、が明確で、その数や、大きさに目的があるのなら

すごく納得できます。(今のところ、これはコーヒーにおいても同じだと思っています)


死ぬほど静かで、なんにもないところに何をつくるか

考えて構成できるところが好きです。



もちろん一人で作れるものではないし、考えが未熟なので、

そんなに立派なものや重要なものが作れるわけではありません。



私はただコーヒーが好きだし、それに関わる人が好きです。

そしてやっぱりここに

暮らせば暮らすほど、

ちょっと嫌な時もあるし悔しいけど

好き!!





Comentarios


bottom of page